アニメ

2019夏アニメ 勝手にベストアニメランキング

2019夏アニメ 勝手にベストアニメランキング

筋肉やえすいばつや遭難など、夏らしいというか何というかワイルド・アンド・ウェットな作品が目立った夏アニメですが、なかなかの良作ぞろいだったと思います。

2019夏アニメ ベスト7

01 | ダンベル何キロ持てる?

筋肉は裏切らない。動画工房も裏切らない。

ガチなトレーニング知識を語るマッチョなお兄さんと、内容に関係あるのかないのか最早よくわからないJK(とおねいさん)のエロいカットが渾然となってまさにケイオス。

ギャグとしては割とベタなんですが、ハイクオリティな作画と演出で1級のエンタメに仕上げてしまういつも通りの動画工房マジックが光ります。山﨑みつえ監督は『月刊少女野崎くん』の人でもあり、さすがの手腕といったところか。ギャグの演出もキレてるよ!

あとは天さんやほっちゃんと互角に渡り合う演技が名前より大きな衝撃を与えた、色んな意味で大型新人なファイルーズあいを起用した功績も大きいと思う。

配信:dアニメストア | Hulu | Netflix | プライムビデオ

02 | 荒ぶる季節の乙女どもよ。

春ヲ思フ季節に荒ぶっちゃう性の1クール。

男の性欲とか恋人ができて手の平を返す女とか、わりと赤裸々な内容ですが、ちゃんと笑いとして成立していて嫌味を感じずに楽しめるのはなかなかすごい。

原作・脚本が岡田麿里なんでどうしても昭和の昼ドラ的なノリに陥りがちなんですが、今回は題材のおかげか青春群像コメディとしてうまくハマって(意味深)面白かった。これは演出含めてアニメスタッフの功績も大きいような気がします。

謎の光が活躍するような作品は多いものの、セックスをまともに扱ったアニメは極端に少ないような気もするので、そういう意味でも異彩を放っていると言えるかも知れない。

配信:dアニメストア | プライムビデオ

03 | ソウナンですか?

女子高生4人、無人島。何も起きないはずがなく…遭難です。ラッコは食べません。

生きるか死ぬかの瀬戸際で選択を強いられるという状況を、程よいフィクションと無駄にタメになるサバイバルネタでギャグと百合に昇華するという設定がお見事。最終話もとんでもないネタをぶっ込んできましたね…そういうとこ好き。

わりとガチめな知識と女子高生の日常系という組み合わせは「ダンベル」と似たものを感じますね。こういうの来てるんだろうか。

配信:dアニメストア | Hulu

04 | キャロル&チューズデイ

1話の冒頭から言及していた「奇跡の7分間」が最終話のラスト7分で展開されるという綺麗な終幕。

構成もなかなか凝っていますが、なんと言ってもその音楽のクオリティが半端なく、音楽をテーマにしたアニメで実際に曲がいいと感じるのは本当に稀です。OP映像の独特のタッチも印象的で、芸術点の高い作品でした。

ストーリー展開はいかにも王道ながら、随所に見られる遊び心と細部まで行き渡ったこだわりで作品が生きたものになっていると感じます。派手さは無いものの長く親しまれる作品になりそう。

配信:Netflix (独占配信)

05 | まちカドまぞく

なんか突然覚醒した魔族の末裔と町の魔法少女が特に対決するでもなくイチャイチャしてるというのはいかにもきららアニメらしいですが、予想外にキレのあるギャグを繰り出してくるというギャップでなかなかの伏兵っぷり。

シャミ子が悪いんだよ…と相手の弱みに付け込み手篭めにするとか、さすが魔法少女きたない。ぞんざいに扱われるご先祖をはじめ脇キャラも味があっていいですね。ミカンちゃんだけなんかキャラ薄かったけど…

それにしてもきららの良作率はすごいな。

配信:dアニメストア | プライムビデオ

06 | からかい上手の高木さん②

2期になって高木さんの攻めっぷりも成長期すぎるというか、もはや自分の気持ちを素直に言ってるだけという高みに到達。からかわれていると思ってるのお前だけだぞ西片。

満を持しての2期ということで作画もパワーアップしており、妙にフェティッシュなカットが惜しみ無く投入され完全に視聴者を殺しにきてますよねこれ。

しかしこういう他人がイチャコラしているのをニヨニヨしながら見ている心理が我ながらよく理解できない。願望充足なのか、得られなかった過去の補償なのか…それ以上いけない。

配信:Netflix (見放題独占配信)

07 | 女子高生の無駄づかい

タイトルに偽りなしというか、女子高生の日常系にありがちな萌えには頼らずギャグで勝負しているところは潔い。ノリはなんかもう『男子高校生の日常』。

ロリから中二病、百合までキャラクターが多くてもそれぞれちゃんと役どころが際立っているんですが、ワセダとか高橋くんとか数少ない男性キャラが美味しいところを持ってっちゃった気がしなくもない。この辺もタイトルに偽りなしという事なのか。

配信:dアニメストア | Hulu | プライムビデオ

OP・ED大賞

OP | 炎炎ノ消防隊

制作は『ジョジョの奇妙な冒険』を手がける david production。最近だと『モブサイコ100 II』と並んでアホみたいに動きまくるOPでかっこいい。

本編を含め映像や演出が凝っていて気合のほどを感じますが、これで話が面白ければ…と思わずにはいられない。

YouTubeで期間限定公開だそうですが、アニメの出来はOPとEDでだいたい分かる説もあるんで、全てのアニメはPVだけでなくOPとEDもYouTubeで公開するといいと思うよ。

ED | まちカドまぞく

きらら繋がりなのか、『キルミーベイベー』の監督である山川吉樹の一人原画。

独特のコミカルというかゆるい作画がキャッチーな曲と相まって作品の性質をよく表現していて、なかなかに味わい深い良いED でした。やっぱりYouTubeで公開するといいと思うよ。

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén