ガジェット

4K・HDR 対応の Amazon Fire TV 買って見た

4K・HDR 対応の Amazon Fire TV 買って見た

※「Fire TV Stick 4K」が発売され、この記事で取り上げたFire TVは販売終了となりました。Fire TV Stick 4Kについては以下の記事をご覧ください。

Fire TV Stick 4K 買ってみた – 抜群のコストパフォーマンスで4Kが身近に


最近は格安の4K TVなども登場し、普及期に入ってきた感がありますね。

ただ、4K対応コンテンツってまだ少ないんですよね。Ultra HD Blu-rayはポツポツ出ていますが、価格も高めでプレイヤーも別途必要だし、放送は現状ではスカパー!4Kのみです。

そこへいくとNetflixAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスは比較的低額の月額料金で気軽に4K・HDRを楽しめるので、これからはストリーミングサービスが本命になるのではないでしょうか。

という事でFire TVを買ってみました。4K・HDR対応で8,980円と言う価格で様々な動画配信サービスが楽しめるのが魅力ですが、実際のところの使い勝手をレビューしていきたいと思います。

セットアップ

本体から直接HDMIケーブルが出ているので、テレビとの接続はそれを刺すだけです。HDMIケーブルが別だと、このケーブルって4Kに対応してたっけなどと悩んだりするので、簡単でいいですね。電源は別途Micro USBケーブルで供給します。

テレビからぶら下がっているのが耐久性的に若干不安ですが、本体は軽いのでそんなに気にすることもなさそうです。

シンプルなリモコンで操作感もまずまず

Fire TVにはリモコンが付属しており、シンプルで操作に迷うこともないです。

反応もApple TVほどサクサクではありませんが、ストレスを感じない程度には良好です。大抵のテレビよりはレンポンスがいいのでは無いでしょうか。うちのBRAVIAよりは良好ですね。この辺はSTBの強みでしょう。

かつてのiPodみたいなホイールボタンがありますが、これはただの十字キーのようです。クルクル回してもスクロールなどは出来ません。

早送りボタンをクリックで10秒スキップ、長押しで早送りになります。荒いシークには十分ですが、細かい操作は難しいですね。Apple TVみたいにリモコンにタッチパッドが付いていればもっと便利かなと思いますが、値段を考えれば十分な機能でしょう。

ただ、ボタンが固めでちょっと違和感がありますね。アメリカン仕様なんでしょうか。すぐに慣れるとは思いますが。

音声認識はもう一つか

リモコンにはマイクも付いていて音声検索もできます。トレンドですね。実際テレビで使う分には文字入力より音声認識の方がずっと便利です。マイクボタンを押している間に喋ると認識してくれます。

ただ、認識精度はSiriやAndroid TVに比べてももう一つに感じました。AmazonはAlexaも開発しているのでこれはちょっと意外。日本語はまだ苦手なんでしょうかね。とはいえ認識はクラウドで行なっているはずなので、ここはどんどんアップデートされてよくなっていくでしょう。

対応アプリは豊富

Androidベースなので、様々なアプリがインストールできる。

Fire TVはAndroidベースと言うこともあって、対応アプリは豊富です。

Amazonビデオはもちろん、Netflix、Huluを始め、メジャーどころは揃っています。メニューのアプリ画面にはリストされないものもありますが、トップの検索フィードから検索するとアプリの検索結果も出てくるので、そこからインストールできます。

例えばVimeoはこれでインストールできました。Vimeoの4K動画も視聴可能ですね。HDRは対応していないみたいですが。

個人的にはdアニメストアがあるのが嬉しいです。アプリの豊富さは、少なくとも今のところはApple TVに勝る魅力ですね。

アプリ内での音声検索は未対応

一つ残念なのは、個々のアプリ内での検索には音声入力が使えない事ですね。アプリ内の検索フィードが有効になっている時に音声入力をしても、アプリ内での検索ではなくトップ画面から検索した場合と同じ結果が表示されます。

検索結果にはAmazonとNetflixのタイトルが含まれるようですが、その他のアプリは対応していないようです。この仕様ならもっと多くのアプリに対応して欲しいところ。

検索結果にはAmazonとNetflixが含まれる。ちなみにYouTubeアプリは現在使用できません。

Apple TVではSiriがアプリに解放されているので、Fire TVでも同様の対応を期待したいところです。

スマホアプリは文字入力に便利

AndroidでもiOSでもFire TVのリモコンアプリが出ているので、スマホをリモコンがわりにして使うこともできます。音声入力にも対応しているのがいいですね。何より文字入力が必要な時はスマホのキーボードが使えるのが大きな利点です。

コスパも高く、買って損なし

対応アプリも豊富ですし、4K・HDR対応で8,980円と言う価格は非常にお得感があります。

機能的にはもう少し頑張ってほしい所もありますが、アップデートで改善されそうな部分も多く、値段を考えれば十分納得できる出来だと思います。特にアマゾンのプライム会員であればAmazonプライムビデオは見放題ですし、オススメです。

アプリはAndroid TVのものとほとんど同じです。なので、Android TV OSの載っていないテレビやPC用のディスプレイでもFire TVを挿しとけばAndroid TVと同様のサービスを楽しめるわけで、4K対応のデバイスがあるならとりあえず買っておいて損はない製品だと思います。

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén