アニメ

2019春アニメ 1話を見たら感想を書いてく_φ(・_・

今期は僧侶枠多いなあ…

期待度:★★★★★

さらざんまい

『ユリ熊嵐』から約4年ぶりの幾原邦彦監督作品です。相変わらずぶっ飛んでんなー。

このケレン味溢れる演出、映像表現で得られる視覚的快楽は他に得がたいものがあり、それがコメディとしても成立していて楽しめてしまうから始末が悪い。やっぱイクニ最高やなと言わざるを得ない。

今回も意味不明で意味深な記号に溢れており、今後の展開も楽しみです。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア

期待度:★★★★☆

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-

副音声とかいつ録ったんだよ…

キンプリの応援上映は噂には聞いていましたが、こうしてTVで見るとさらに衝撃というか、プリズムアフレコなど頭おかしい明確な双方向性の試みもありエンターテイメントの新しい形として可能性を感じてしまいます。内容の方も「うたプリ」を彷彿とさせるマジキチっぷりでこれ系では久々に楽しめそう。

さらざんまいの独走を止められるとしたらキンプリだけなのかも知れない。

配信:dアニメストア | Hulu | Netflix

キャロル&チューズデイ

音楽を通じて出会った2人の少女が夢を実現していくという王道のストーリーになりそうですが、いかにも丁寧に作り込まれた世界の表現は一見して目をみはるものがあります。

総監督は『カウボーイビバップ』の渡辺信一郎で、前評判通り映像・音楽のクオリティはズバ抜けており、あとはストーリーでどこまで楽しませてくれるかに期待がかかります。

配信:Netflix (独占配信)

ひとりぼっちの○○生活

原作は『三ツ星カラーズ』のカツヲによる四コマ漫画。中学に入学する人見知りのぼっちがクラス全員と友達にならないといけないハメになり、頑張ったり頑張らなかったりする話。それ以上いけない。

カラーズは個人的にまったりしすぎな印象でしたが、こちらはギャグパートとほっこりパートの緩急もよく楽しめますね。キャラは相変わらずかわいい。ヒロインがゲロを吐くアニメは名作の傍証がまた一つ増えそう。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu

ワンパンマン(第2期)

3年半ぶりの第2期。サイタマ先生は相変わらずそうで何よりです。

同じくONE原作の『モブサイコ100 II』も先期までやっていましたが、なにせハゲたおっさんが主人公のこちらの方が妙に抹香臭い展開にもならず、コメディ色が強くて個人的には好みです。

モブサイコはボンズの作画が炸裂していて見応えがありましたが、こちらはJ.C.STAFF制作。作画的にも負けずに頑張って欲しいところ。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu | Netflix

世話やきキツネの仙狐さん

のじゃおじ…いや、なんでもないです。

ブラック企業に勤める社畜の元になぜかケモ耳娘が現れて存分に甘やかしてくれるという夢いっぱい胸ちっぱいなお話。800歳なら問題ない。妄想撮って出しの都合のいい設定ですが、先期の「わたてん」に続きツボを押さえた安定の動画工房クオリティでちゃんとエンタメとして仕上がっているのはさすが。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu | Netflix

期待度:★★★☆☆

Fairy gone フェアリーゴーン

P.A.WORKS制作のオリジナルアニメ。脚本は『灰と幻想のグリムガル』の十文字青です。妖精を取り込むことでスタンドのように兵器として使えるというダークファンタジー系の世界観。

導入としては悪くもないけど特に惹かれる点もないという感じ。P.A.WORKSといえば最近の「天狼」もダークファンタジーでしたがいまいち盛り上がらない出来で、これからとは言え似たような雰囲気を感じてしまいます。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu | Netflix

MIX

正直タッチの再放送でも気付かなかったと思う。

なんだかYU-NOばりの今更感を感じるというか、どうせ三角関係でウダウダするんやろなあ。この斜に構えたのっぺりとした感じは懐かしさも覚えますが、こういうのが好きな人じゃないと見続けるのは厳しい気がする。

配信:dアニメストア | Hulu

ULTRAMAN

Netflixオリジナルアニメとして4/1から配信開始。全13話視聴可能です。

ウルトラマンが去った後の世界で、その因子を受け継いでしまった人間が戦うという設定。おっさんが異能力を持っているあたり「いぬやしき」を彷彿とさせますが、あんな鬱展開にはならなそう。

1話としては可もなく不可もないというか、あまり細かい事を言わずに家族でも見られるアクションものという位置付けな印象です。

配信:Netflix (独占配信)

なんでここに先生が!?

僧侶枠15分拡大版。

ヤンマガ原作なんですね。総監督は『聖痕のクェイサー 』の金子ひらくであり、何をかいわんや。これも本命は「もっとたゆたゆver.」なんですかね。その内おっぱいチャンネル的な配信サービスができる予感がする。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Netflix

フルーツバスケット

同名の人気少女漫画が原作。私も名前だけは知っていますが、ちゃんと見るのは始めでです。ちなみに2001年にもアニメ化されており、これは2度目。

両親を亡くした少女と十二支をモチーフとした妖の話なんですね。ふうむ。導入としてはよくある少女漫画のテンプレ通りといった感じですが、作りは丁寧で今後の展開次第ですね。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu

みだらな青ちゃんは勉強ができない

官能小説家の父を持ち、男女関係をだいぶ偏った見方しかできなくなった青ちゃんのラブコメというかエロ系のギャグ。

15分枠らしく予想通りのしょうもないネタで見ている間はそれなりに楽しめますが終わった後は何も記憶に残らない感じ。方向性が近い先期の『上野さんは不器用』ほどの面白さはありません。

配信:dアニメストア

八十亀ちゃんかんさつにっき

5分でさっくり方言少女を愛でるのはいいとして、ネタはありがち。サガやグンマに比べると辺境感もないし、名古屋特有の中途半端感は打破できるのか。

配信:dアニメストア

川柳少女

口下手で川柳を通して会話する系の不思議少女と見た目はヤンキーだが根は優しいというテンプレ男子というなかなかファンシーな組み合わせ。

どうにも面白くなりそうな可能性を感じませんが、それほどひどくもないという微妙なところ。まあ15分枠なんでこんなんで良いのかも知れない。

配信:dアニメストア | Hulu | Netflix

洗い屋さん!~俺とアイツが女湯で!?~

僧侶枠もついに学園モノにまで手を出し、BLからTLへ華麗なる転身。その節操のなさは嫌いじゃないよ。まあ内容はいつも通りだけど。

しかし肝心のシーンはぶった切りで配信版を見てね!だと流石にTVで放送する意味はあるのかと思う。もはやYouTubeとかの方が導線としても良いのでは。

配信:ComicFestaアニメ (大人向け完全版)

異世界かるてっと

KADOKAWAの人気異世界ものアニメ4作品を集めたクロスオーバー企画。

流石に金はかかっているみたいで今季のショートアニメの中では映像はキレイですが、どこまでネタで引っ張れるかですね。元の作品を知らないとなんのこっちゃ分からないかも知れない。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu | Netflix

真夜中のオカルト公務員

なんかギャグアニメ枠だった。

霊的な存在が見える系の人たちが区役所の職員として人との共存を図るというありがちな設定ですが、初っ端から天狗と天使が駆け落ちするという頭のおかしい展開で妙な存在感を放っています。作画的な見所はないものの、シュールなネタで楽しませてくれるかも知れない。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu | Netflix

鬼滅の刃

原作は週刊少年ジャンプ連載。『約束のネバーランド』に続いて少年誌にしてはエグい話ですが、やっぱりもうおっさんしか読んでないんだろうなあ。

制作は話題のufotableで作画はなかなか良いですが、冗長かつ説明的なモノローグがやたらに多くテンポが悪いですね。例外的とはいえ鬼が自意識を保っていたり最後はなぜかおとなしくなっていて、殺すべき存在という設定とそもそも矛盾しているように感じますが大丈夫なんだろうか。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu | Netflix

期待度:★★☆☆☆

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

昔のエロゲこんなだったわー。

オリジナルは平成初期に発売されたPC-98(!)版ゲームで、なぜか今頃アニメ化され最初の令和アニメになるというからすごい。独特のくっさい台詞回しは時代を感じさせますが、確かに一昔前まではこんな感じのアニメもたくさんあったし、ラノベへの影響も伺えます。文化史的な文脈では面白い試みかもしれないし、かつてはこんなのが喜ばれていたと思えば最近の異世界モノ流行りも寛容な目で見られるというものです。

まあ内容がつまらないことに変わりはないですが。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu

ストライクウィッチーズ501部隊発進しますっ!

ウィッチーズの日常を描いたスピンオフの4コマ漫画が原作。

キャラデザも内容も漫画で読む分にはいいかも知れませんが、アニメ化してまで見るかというと微妙。ファン以外にとっては厳しい気がします。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア

なむあみだ仏っ!- 蓮台UTENA –

ゲームとのメディアミックスで、「煩悩浄化バトルRPG」だそうです。

仏教に限らず神々は逸話や宝具などの属性に事欠かないのでこういう2次元化はやりやすそうですが、結局イケメンが出てくるだけでマンネリを通り越して賽の河原で石を積んでいる気分になってくる。課金で救われるのだろうか。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu

ノブナガ先生の幼な妻

双葉社のショートアニメ枠「ふたばにめ」その3。

典型的な押し掛けハーレムに使い古されたネタで、なんでこれを選んだのか分からない。出版ビジネスは厳しくなっていると聞きますが、アニメ枠だけ買っても中身がこれでは金ドブにしかなっていないような。

配信:dアニメストア

ぼくたちは勉強ができない

『鬼滅の刃』と同じく週刊少年ジャンプ連載。コテコテのラブコメですが今時の少年はこういうの喜ぶんだろうか。おっさんしか読んでないんじゃ。

同じ学校の女子の家庭教師をするというどこかで聞いたような話。今度は何等分ですか。絵に描いたようなテンプレ通りの展開で既視感しか感じない。あとカードゲームは確率とかゲーム理論の範疇で完全に数学なんですが。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu

八月のシンデレラナイン

スマホゲーが原作。

やり尽くされた学園アイドルアニメそのままのスキームで、アイドルの代わりに野球をやっているだけで既視感しかない。ガチャを引こうと思わせる技術と続きを見たいと思わせる技術は別なようです。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu

女子かう生

双葉社のショートアニメ枠「ふたばにめ」その2。

女子高生の日常を描いたサイレントアニメですが、台詞なしで成立するほどの出来ではなく墓穴を掘っているとしか思えない。

配信:dアニメストア

群青のマグメル

元々中国の漫画らしいですが日本では少年ジャンプ+連載。突然未知の生物や資源が豊富な大陸が出現し多くの探検家が訪れているという設定。

『メイドインアビス』っぽい雰囲気ですが1話完結ものみたいで、これだと世界観の説明も浅くただ主人公が無双しているだけで単調に感じます。作画もOPは良かったんですが本編はイマイチ。

配信:Netflix

賢者の孫

今期のなろう系異世界枠。

テンプレ通りの出だしは実は『ゾンビランドサガ』ともほとんど同じなんですが、なぜ『ゾンビランドサガ』はあんなにも面白く、異世界ものはこんなにもつまらないのか。

テンプレはコピーのための道具ではなく、オリジナリティを強調できる技術だということを理解して欲しい。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu | Netflix

超可動ガール1/6

双葉社のショートアニメ枠「ふたばにめ」その1。

フィギュアオタクが買ったフィギュアが動き出すというありがちな設定に雑な作画で見所なし。

配信:dアニメストア

期待度:★☆☆☆☆

RobiHachi

宇宙を旅する系のオリジナルアニメ。多分ギャグアニメだと思う。

冒頭から会話劇がダダ滑りでもうしんどい。展開もベタベタでもはや昭和のノリ。作画も怪しくいいとこなし。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア

この音とまれ!

廃部寸前の箏曲部になぜかヤンキーが入部してくるというお約束な展開。相撲すんのかな。

OPからして、あっ(察し)なクオリティでしたがストーリーの方も無理のありすぎる期待通りの酷さで『消滅都市』と並んで熾烈なブービー争い。どっちもFOD独占配信なのは何かの符合でしょうか。

配信:FODプレミアム (独占配信)

消滅都市

今期のネタアニメ枠。

スマートフォン向けゲームが原作。ゲームがどういうものかは知りませんがアニメ化するならそれなりにストーリーの流れというものが必要だと思うんですが、うっかりコールドスリープしちゃうアニメも真っ青なトンデモ展開の連続でツッコミどころしかない。

作画も1話からやばみを感じて期待が高まりますが、全話完成してしまっているそうなのでそっち方向では楽しめないかも。

配信:FODプレミアム (独占配信)

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén