アニメ

2018年春アニメ 3話までの感想戦

2018年春アニメ 3話までの感想戦

選択と集中の時期。

春アニメも3話まで出揃ったところで、これまでの個人的なベスト10を選んでみました。今期は良作が多い印象ですね。特に上位は混戦模様で今後も目が離せません。

01 | ヒナまつり

暫定覇権。あいったー!

ギャグアニメでここまで面白いのは本当に久々。ツッコミのタイミングやトーンが完璧で及川啓監督のキレキレの演出が冴え渡ります。いい話展開になりそうでならない絶妙なさじ加減も素晴らしいですね。

謎の超能力少女やインテリヤクザなど登場人物のキャラも立っており、日本のハートフルな裏社会を描いたネタの数々がいちいち面白い。

1話のアバンや超能力バトル(あっち向いてホイ)の作画が異常に良かったり、全方位ハイクオリティ。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu | Netflix 他

02 | ひそねとまそたん

ドラゴンのまそたんが戦闘機に偽装して航空自衛隊に所属しているという世界ですが、1話からヒロインがまそたんに食われる→ゲロされるというどこのマニアに向けた設定か分からない。

戦闘機の離着陸や飛行シーンは気合いが入っており魅せますね。これは樋口真嗣総監督の趣味全開でしょう。

思ったことをそのまま口にしてしまい周囲とうまく人間関係を築けなかったヒロインが仕事を通して成長して行くという王道ストーリーですが、主要キャラが変人ばかりでテンポも良く、コメディとしても非常に良くできています。

高度に記号化されテンプレだけで構成されたアニメも多い中、製作陣の「好き」を詰め込んだ作品で見ている方も爽快です。

配信:Netflix (独占配信)

03 | ウマ娘 プリティーダービー

美少女に擬人化された実在の競走馬が走って歌って踊るというなんだかもうよく分からない世界ですが、アイマスのメソッドを持ち込むことでアイドルものとして見事に成立しています。アイマスシステム恐るべし。

P.A.WORKSによる作画も圧倒的。ライブシーンもCGではなく手書きメインで、わざわざ初ライブのたどたどしい動きを表現するなど尋常じゃない気合いを感じます。

監督は『ヒナまつり』と同じく及川啓で、監督のコメディセンスがうまいこと生かされているのも勝因でしょう。

それにしても及川監督は同クールにこれだけのクオリティのアニメを2本制作しているのは素直にすごい。時代が来ているのかも知れません。

配信:dアニメストア

04 | メガロボクス

『あしたのジョー』を原案としたボクシングもの。近未来っぽい世界で「ギア」と呼ばれる外骨格マシンを装着して戦います。

原案とは言え『あしたのジョー』の雰囲気は色濃く残っており、今時珍しい男臭いストーリーですがこのアツい展開はやはり胸に来るものがありますね。

味のあるビジュアルや演出、音楽が一々カッコ良く、失敗の多い名作リメイクの中では抜きん出た成功例となりそう。『進撃の巨人』や『甲鉄城のカバネリ』のコンセプトデザインを務めた森山洋の初監督作品ということですが、今後も目が離せない存在となりそうです。

ただOPとEDの曲は何だかなあという感じ。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | HuluNetflix 他

05 | ゲゲゲの鬼太郎(第6期)

ねこ娘がかわいいと話題に。

長身美少女のチョロインがおねショタからの百合もぶっこんでくるというカッティングエッジな公式が最大手。東映恐ろしい子。

実際それだけでも見る価値がありますが、ストーリー的にもこれだけ毎回時事問題に斬り込んで行くアニメは『じょしらく』以来ですかね。妖怪というあちら側の視点から現世の歪みを浮き彫りにするという作品の本質は見失っておらず、単に時代に迎合したわけではないのが素晴らしいところ。

過去の名作の理想的なリバイバルを果たしていると思います。

配信:dアニメストア | Netflix

06 | ゴールデンカムイ

チタタプチタタプ

北海道の何処かに隠されたアイヌの埋蔵金を巡り、様々な人々の欲望渦巻く北の大地で繰り広げられるサバイバル合戦。日本人は埋蔵金大好きですね。

最初はシリアスなバトルロイヤルものかと思ったんですが、いつの間にかギャグアニメになってません?油断していると飯テロも入れてきて気が抜けない。 アイヌ文化の豆知識も折に触れて登場し「へぇ〜」ってなり、最早なんのアニメだか分からなくなってきましたが面白い。

原作漫画はつい最近手塚治虫文化賞のマンガ大賞を受賞。

配信:FODプレミアム(独占配信)

07 | 魔法少女 俺

駆け出しアイドルが魔法少女に変身したらガチムチの男だったという話。それ少女じゃないよね。

男←女←女の3角関係ですが、女がもれなくガチムチに変身するのでもはや百合なのかホモなのかよく分からない。

ギャグもキレはありますが同時期に『ヒナまつり』があるのは相手が悪かった。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Netflix 他

08 | Lostorage conflated WIXOSS

あきらっきー様が相変わらず最高。

WIXOSSとしては4期目ですが、「selector」のキャラクターも戻って来て俄然期待が高まります。やはり最初の「selector」は衝撃的でしたからね…

キャラ相関がややこしくて正直よく覚えていない所もありますが、タマやあきらっきー様も登場し、それだけでもうどうでも良くなって来た。

繭役の種キも復活。少し泣く。

配信:dアニメストア

09 | 多田くんは恋をしない

動画工房のオリジナルアニメ。

2人の少女がヨーロッパの小国から日本の高校に留学して来るという話ですが、どうやらお姫様のお忍びらしく、『ローマの休日』的展開を予感させます。

爽やかラブコメストーリーに動画工房らしい丁寧な作画と演出で安心して楽しめます。

西洋にも間接キスの概念ってあるんだろうか。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu 他

10 | あまんちゅ!~あどばんす~

伊豆の高校でダイビング部に所属する女の子2人がイチャイチャするだけ。

ここが難民キャン△ですか…

伊豆の海やお祭り、そこで生活する人々の日常がまったりと描かれ、何も考えずにポケーと見られる作品。殺伐とした現代社会に癒しアニメ枠としてこういうのが1つは必要ですよね。

配信:Amazonプライム・ビデオ | dアニメストア | Hulu 他

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén